五のことづて

イタリア名門メディチ家での “五季”献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

五穀×発酵×和のしきたりをコンセプトにした五穀屋が誕生した2014年。
2015年の五穀屋は世界への発信の一歩目を踏み出しました。

そんな五穀屋 海外プロモーションを担当 手嶋よりお伝えいたします。
ごゆるりとお付き合いくださいませ。

イタリア名門メディチ家での"五季"献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

イタリアの名門貴族 メディチ家はご存知でしょうか?

ルネッサンス期に銀行家、政治家として台頭し、多くの芸術家のパトロンとしてルネサンスの文化の繁栄に貢献したと言われています。

そのメディチ家 リッカルディ宮殿にて、メディチ家関係者へ五穀屋の「特別献上仕様 五季」を献上する機会をいただき、
2015年10月9日~11日のイタリア・フィレンツェでの「和菓子の祭典」へと行ってまいりました。

イタリア名門メディチ家での"五季"献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

イタリア・フィレンツェは、革製品や銀細工など多くの職人が活躍する街。
本物志向が強く、デザイン性を重んじるフィレンツェの方々の目には、五穀屋はどのように映るのでしょうか。

イタリア名門メディチ家での"五季"献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

まず、こちらが献上用に特別にしつらえた「五季(いつき)」です。

青い玉と五つの球体(パッレ)から成るメディチ家の紋章になぞらえて、六つめの青色パッレを特別に加えました。
フィレンツェ市花の百合の花にしつらえて、和菓子職人の丁寧で繊細な手わざと、
「日本美」あふれる「五季の和百合」をテーマに特別にデザイン。

素敵です。

フィレンツェの方々も、「百合の花」のしつらえや、フィレンツェの誇りであるメディチ家の紋章になぞらえた「五季」に感激の表情。

イタリア名門メディチ家での"五季"献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

そんな彩り鮮やかな五季は、絶えることなくお客様を魅了します。

「Bellissimo!(素晴らしい!)」 「Buonissimo!(美味しい!)」と最上級の褒め言葉が飛び交います。

イタリア名門メディチ家での"五季"献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

そしてさすがはフィレンツェ、お客様の言葉や質問も哲学的です。

「五季の5色の意味は?」「和菓子一つ一つのバックスローリー(小咄)がとても素敵ね」「パッケージのしつらえにはどんなこだわりがあるの?」

作っているものや文化は違えど、「美しさ」や「素晴らしさ」を共感しあえる。
五季の試食を通じて自然とそんな意思疎通ができたように感じます。

イタリア名門メディチ家での"五季"献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

素敵なマダムたちも目をキラキラさせながら色々と質問してくださいました。
視点の深さや気付くポイントなど独特で、日本人である私も勉強させていただきました。

イタリア名門メディチ家での"五季"献上に「Bellissimo!(素晴らしい!)」

イタリア・フィレンツェのメディチ家で献上という貴重な機会をいただいた五穀屋。
フィレンツェの方々に、職人の手わざの繊細さや和のしきたりの奥深さがこんなにも伝わると思っていませんでした。

たくさんの称賛の声と笑顔をいただき、またしあわせな気持ちで海外プロモーションの新たな一歩を踏み出せます。
今後の五穀屋にもぜひご注目くださいませ。

——————————————————————————————