五のことづて

天空の畑水窪で、すくすくと逞しく育つ粟。

2015年から、多くの方々のご協力のもとはじまった、水窪(みさくぼ)での粟の栽培。

今年も4月に作付けを行い、「長尾(なごう)・西浦(にしうれ)・月夜平(つきよだいら)」の3つの畑で粟を育てています。

▼4月の作付けの様子はこちら
http://gokokuya.jp/blog/detail.php?product_id=411


4月の作付けから、4ヶ月経った今、
夏の燦々と照りつける日差しの中で、力強く成長する粟の様子をご報告いたします。


—————————————————————————


こちらは、4月の作付け前の月夜平の畑。
水窪川の右岸に面した、河岸段丘地に位置し、東向きで日当りのよい畑です。

実はここ、過去に縄文時代の土器や石鏃(せきぞく)が発掘された遺跡でもあり、
地元の方々には「月夜平遺跡」として知られているんだとか。

天空の畑水窪で、すくすくと逞しく育つ粟。

粟の栽培の前は茶畑だったこの土地、
お茶の根や大きな石を取り除き、平らにするところからのスタートとなりました。

また、お茶の栽培によって土壌の性質が酸性になっていて、
しっかりと粟が育つのか、心配していた畑でした。


そんな月夜平の今の様子がこちら。

天空の畑水窪で、すくすくと逞しく育つ粟。

私たちの不安をものともせず、すくすくと人の肩ほどの高さまで育ってくれた粟。
地面が見えないほどに成長し、一面に広がっています。


太陽の日差しを浴びながら成長する粟に、秋の収穫への期待が高まります。


—————————————————————————


自然の豊かな天空の畑水窪は、粟の栽培には絶好の場所ですが、
その自然こそが時に敵となることも。

写真のこちらは、長尾の畑の粟の葉。
このちぎられたような跡、何か分かりますか?

天空の畑水窪で、すくすくと逞しく育つ粟。

これは、実は鹿が食べた跡なのです。
1年目には畑丸ごと鹿に食べられてしまったこともありました。


人間にとって、古来から大切に食されてきた粟は、動物達にとってもごちそうなんですね。


これからは大切な実りの時期。
鹿や鳥から粟を守るため、ネットを張ることにしました。

天空の畑水窪で、すくすくと逞しく育つ粟。

天空の畑水窪で、すくすくと逞しく育つ粟。

背丈も大きく、畑一面の粟の上すべてにネットを張るのは至難の業でしたが、
地元の方々のお力をお借りして、なんとか全体を覆うことができました。

天空の畑水窪で、すくすくと逞しく育つ粟。

これから、いよいよ秋に向けて穂が育っていく粟。
秋の収穫に向けて期待に胸を膨らませつつ、大切に見守っていきます。

今後も引き続きご報告して参りますので、どうぞお楽しみに。